困難な病気を治療する前に「脳梗塞の手術を理解しよう」

女医

脳内での血流の改善

看護師

カテーテルの挿入や手術で

脳梗塞とは、脳内の血管が血栓またはコレステロールによるプラークで塞がった状態になり、血流が滞ることで生じる病気です。血液が十分に届けられなくなることで、脳細胞が衰え、それにより脳の機能が低下していくのです。血栓やプラークが原因ですから、脳梗塞はカテーテル治療でそれらを解消することで治ります。カテーテルとは血管内に通す細い管で、これにより血栓は、詰まった部分から押し出されることになります。またプラークが生じている箇所に、カテーテルでステントという短いストロー状の器具を運べば、その部分の血管は広がりを保つことができるようになるのです。これらによる治療が困難な場合には、塞がった部分を切り取った上で、他の血管につなげるという手術がおこなわれることもあります。

薬で治すことも可能

また、脳梗塞は比較的軽度な場合には、薬による治療のみで改善していくことが可能となっています。具体的には、血液を固まりにくくする薬や、固まった血液を溶かす薬、コレステロールの酸化を防ぐ薬などを使うのです。血栓は血液が固まることで、プラークはコレステロールが酸化することで、それぞれ生じやすくなります。そのため上記の薬を使用すれば、血栓やプラークが大きくなることを防ぐことも可能になりますし、それによって脳梗塞は進行しにくくもなるのです。いずれも、カテーテル治療や手術と比較すると、体への負担が少ない上に、入院の必要もありません。つまり日常生活への支障が少ないということですから、その点からも注目を集めています。

卵巣の異変に気付いたら

女性

卵巣がんは卵巣にできる悪性腫瘍の事です。卵巣がんの九割が上皮性がんと呼ばれるのものです。初期症状が殆ど見られず、転移しやすいがんです。治療方法は外科治療と抗がん剤治療を併用するのがスタンダードとなっています。

詳細

珍しいがん

医者

十二指腸がんは小腸の一部である十二指腸にできるがんで、発症汁が低いのが特徴です。予防するにはストレスを溜めないようにすることと、香辛料安堵刺激の強い食べ物や極端に熱いものや冷たいものを避け、よく噛んで食べましょう。

詳細

特徴と予防法を知ろう

病院

胆のうがんは、胆汁という消化液をためておく臓器のがんで、とても治りにくいことが知られています。予防する上で大切なのは、胆石ができないようにすることです。食事のコレステロールを下げ、節度ある飲酒に努めることが、胆石の予防につながります。

詳細